1. ホーム
  2. アイアールマガジン
  3. バックナンバー
  4. 連載企画
  5. 4559 ゼリア新薬工業|成長分野へ積極投資企業

アイアールマガジン

IR MAGAZINE
連載企画

グローバル展開の
積極推進により、
新たなステージへ

M&A、アライアンスに積極的に取り組み、
グループ全体の事業基盤の強化、発展を目指す

伊部 充弘

伊部 充弘
Mitsuhiro Ibe
代表取締役社長兼COO

好バランスの「両輪経営」に加えて
海外展開を事業の柱に


ゼリア新薬工業は、医療用医薬品事業とコンシューマーヘルスケア(CHC)事業を「車の両輪」としてバランスのとれた経営を推進し、積極的に経営資源を投入することにより、成長を遂げてきた。現在推進中の第10次中期経営計画(2020~2022年度)においては、引き続きグローバル事業を成長分野と位置付け、さらなる事業拡大に向けて取り組んでいる。今後、新たな事業の柱となるグローバル展開の現況および具体的な施策について解説する。


 

2021年3月期は
新型コロナの影響を受け減収


 2021年3月期の連結業績は、売上高554億円(前期比8.2%減)、営業利益34億円(同15.9%減)、親会社株主に帰属する当期純利益31億円(同6.6%増)となった。
 医療用医薬品事業は、新型コロナウイルス感染が拡大するなか、医療機関へのMR訪問規制や患者の受診行動変化があったものの、大きな影響は見られなかった。主力製品の潰瘍性大腸炎治療剤「アサコール」はイギリスをはじめとする欧州の市場での売上高が拡大し、堅調に推移。一方で、CHC事業においては新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、「ヘパリーゼ群」が苦戦した。

 

 

新薬開発に注力し、
独自の製品開発を目指す


 同社は、既存製品の拡大に加えて、新薬の開発にも注力している。医療用医薬品分野では2020年9月に鉄欠乏性貧血治療剤「フェインジェクト静注500㎎」を上市。発売以降売り上げは着実に伸びており、2022年3月期の業績に寄与することが見込まれる。

 さらには、子宮頸がんを適応症とする「Z–100」が臨床試験の最終段階に入り、承認申請のタイミングも近くなってきた。CHC事業で取り扱う一般用医薬品としては、軽度の静脈還流障害による諸症状に効能効果のある西洋ハーブ「ベルフェミン」の製造販売承認を取得し発売準備を進めているなど、独自の製品ラインアップの確立を目指している。

 また、アフターコロナも視野に入れ、「ヘパリーゼ群」「コンドロイチン群」に続く主力製品候補の開発にも注力するという。

 

 

グローバル展開を推進し、
新たなステージへ


 企業理念のひとつに“Reach out to the world”(世界に目を向けて)と掲げているとおり、同社は海外子会社の事業を通じて積極的に海外事業を展開し、医療用医薬品事業、CHC事業に続く新たな事業の柱として推進してきた。

 2009年にスイスのティロッツ・ファーマの全株式を取得し子会社化したことに始まり、2010年にデンマークZPD、2015年にはベトナムF・T・ファーマを子会社化。既存事業とのシナジーが得られるアライアンスやM&Aを推進し、現在では欧州市場、東南アジア市場へ事業を拡大している。

 ティロッツ・ファーマは主力製品「アサコール」の成長戦略を着実に遂行している。「アサコール」1,600㎎は、欧州を中心に承認申請を進め、2021年3月現在、15カ国で販売している。今後も引き続き、さらなる市場浸透を目指していく。また、2点目には「アサコール」の中国における販売開始があげられる。中国の炎症性腸疾患罹患率の上昇を背景として、市場への参入を図る。さらには、2020年11月にティロッツ・ファーマはAstellas Pharma Europe Ltd.より製造販売権を取得したクロストリジウム・ディフィシル感染症治療薬「ディフィクリア」の販売を開始した。欧州をはじめ中東、アフリカ、CIS地域30数カ国における製造販売を手がけることになり、今後の成長が注目されている。

 また、ゼリア新薬工業は自社創薬品の海外導出も積極的に展開している。機能性ディスペプシア(FD)治療剤「アコファイド」をタイ、インドネシア、中南米において次々とライセンス契約を締結するなど、海外市場における販路の拡大を進めている。

 2021年3月期の海外売上高比率は34.4%まで増加し、目標として掲げていた30%を大きく上回った。今後はさらなる持続的成長に向けた戦略を推進していく。
 グローバル展開を成長の柱として、ゼリア新薬工業は事業拡大に取り組んでいる。企業価値がますます高まるだろう同社の今後に期待したい。

 

 

個人投資家に好評を得ている株主優待がさらに充実

ゼリア新薬工業は上場以来、株主への利益還元を重視しています。
安定した配当に加え、自社グループ製品を進呈する株主優待も継続して実施。個人投資家から好評を得ています。


株主優待
9月・3月末日の株主の皆さまへ
自社グループ製品を進呈しています。


◆自社グループ製品
A~Gコースのいずれかを選択(1,000株以上)
 ・Aコース:「アルミ缶入りドリンク・ヘパリーゼWセット」
 ・Bコース:「コンドロサポート」詰め合わせ
 ・Cコース:「コンドロマックス・アポスティーセット」
 ・Dコース:「ZZ:CC(ジージー・シーシー)アドソーブエッセンス(30g)2本セット」
 ・Eコース:「IONAベーシックスキンケア3点セット」
 ・Fコース:「イオナRスペシャルケア2点セット」
 ・Gコース:「シーアルパ100」
「ヘパリーゼW炭酸10本」(100株以上1,000株未満)

 

4559 ゼリア新薬工業
業種 医薬品
設立 1955年12月
決算月 3月
市場 東1
資本金 6,593百万円
発行済株式数 53,119千株
連結売上高 55,442百万円(2021年3月期実績)
親会社株主に帰属する
当期純利益
3,119百万円(2021年3月期実績)
株価 2,009円(2021年5月17日終値)
従業員数 1,690人(連結)
株主優待    


お問い合わせ先
ゼリア新薬工業(株) 広報部 
〒103-8351
東京都中央区日本橋小舟町10-11
TEL 03-3661-1039
https://www.zeria.co.jp/




《編集タイアップ広告》
株価情報
株価/チャートなど(野村證券サイト)がご覧になれます