アイアールマガジン

IR MAGAZINE
企業プレゼンテーション

売上高・利益は
すべて過去最高を更新

福沢 義之

福沢 義之
Fukuzawa Yoshiyuki
代表取締役社長

売上高は創業初の1,000億円を突破

 当社は、水環境事業と産業事業を2本柱として、上下水道関連施設の建設・運転管理や、化学・鉄鋼・食品および環境・エネルギー関連などの産業用プラント等、幅広く事業を展開しています。

 2020年3月期の業績(連結)は、売上高1,003億円で過去最高を更新し、創業以来初の1,000億円を突破しました。利益もすべて過去最高を更新し、営業利益80.5億円、当期純利益56.9億円となりました。期末配当は2円増配の年間24円の配当を実施し、2期連続の増配となっています。

 2020年3月期から取り組んでいる中期経営計画では、基本収益力向上のための「経営基盤の強化」と、将来を見据えた事業領域拡大のための「成長戦略の推進」の2つを基本方針としています。

 初年度を振り返ると、受注残が順調に進捗し、当初の業績予想を上回る結果となりました。また、高速攪拌機メーカーであるプライミクス㈱をグループに迎え入れ、さらなる技術領域の拡大と二次電池製造関連設備では連携した営業展開を目指します。

 株主還元については、総還元性向30~50%を目安とし、財政状況、業績、事業展開や戦略投資を踏まえながら安定配当に努めることを基本方針にしています。

 優待品につきましては、1,000株以上保有の方へ魚沼産コシヒカリ(長期保有優遇あり)をお贈りしています。2021年3月期の業績(連結)については、想定される新型コロナウイルス感染拡大の影響を見込んで、売上高950億円、営業利益55億円を目指し、配当は年間24円を予定しています。今後も、エネルギーと環境をキーワードに社会貢献と企業価値の向上を図っていきます。

●会社概要(連結・2020年5月15日現在)業種/機械
設立/1917年5月 ※創業1905年8月
決算月/3月
市場/東1
資本金/6,646百万円
単元株式数/100株
発行済株式数/45,625千株
従業員数/2,556人(連結)、592人(単体)※2020年3月末現在
株主優待/有


●お問い合わせ先
月島機械(株) 経営統括本部 広報室
〒104-0053東京都中央区晴海3-5-1
TEL 03-5560-6503
 

●アウトライン
月島機械グループは、重要な社会インフラである上下水道関連設備の建設および維持管理と、産業インフラとしての化学・鉄鋼・食品や環境・エネルギー関連設備の建設を展開。なかでも汚泥焼却設備は業界トップクラスの技術を誇る。

2020年3月期より、「経営基盤の強化」「成長戦略の推進」を基本方針とした中期経営計画を推進し、研究開発投資、M&A投資、基幹システム更新など総額200億円の戦略投資を実行中。

創業110年を超える企業でありながら、常に自己変革を行い、今日まで成長しつづけている。経験に基づいた豊富な実績と運営ノウハウを活かした提案力を強みに、「最良の技術をもって産業の発展と環境保全に寄与し、社会に貢献する」という企業理念のもと、環境・エネルギー技術の研鑽を継続しながら、さらなる成長を目指している。


●財務データ(連結)
※2021年3月期の予想値は、2020年5月14日の公表値
《編集タイアップ広告》
株価情報
株価/チャートなど(野村證券サイト)がご覧になれます